当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

Installed Ecopure® TAR – Recuperative thermal oxidation

テストセンター環境テクノロジー

Ecopure®設備はエネルギー消費量を抑えた、効率的な排気処理を意味します。DürrのORCテクノロジーにより、廃熱を利用して発電ができます。マイクロガスタービンにより、ガス状と液状の燃料ならびにVOCを含んでいる排気を電気に変換します。

排気の処理

復熱式熱排気処理設備Ecopure® TARは主に有機有害物を水と二酸化炭素に変換する燃焼システムで、実証され、安全で幅広く導入できる方法です。そのため、Ecopure® TARは特に乾燥プロセスでの排気処理に採用されています:自動車ボディ用のほぼ全ての塗装プロセスから始まり、小型部品、床および壁紙用のコーティングマシンにまで及びます。テストセンターでその他のテスト可能な技術には、Ecopure® VAR(排気ガスと残液の燃焼システム)とEcopure® LPX(低圧触媒)が含まれます。

当社のサービス範囲

  • 熱と触媒による排気処理
  • ガスバーナー(最大2.8 MWの能力)
  • オイルバーナー(最大2.8 MWの能力)
  • 液状残留物用バーナー
  • 特殊ガスノズル

Ecopure ORC – 廃熱を利用して発電

Organic Rankine Cycle (ORC)技術により、廃熱を発電に利用することができます。テストセンターでは、70 kWのORC設備がEcopure® TAR熱排気処理設備からの廃熱を利用し発電が行われています。設備に幅広い試験と最適化プログラムを行うことにより、この革新的なテクノロジーの効率性および多様性を更に大幅に高めることができました。ビーティッヒハイム=ビッシンゲンを拠点とする当社のテストセンターはORC技術の改良と実演への最高レベルの条件を整えています。

当社のサービス範囲

  • 技術の開発、最適化と試験
    • 直接的と外部的燃焼マイクロガス・タービン
    • マイクロガス・タービンコンポーネント
    • 遠隔監視と遠隔メンテナンスコンセプト
  • 遠心式圧縮機およびタービン、燃焼室システム、レキュペレーターならびに電気発電機用の試験
  • 性能および検収ようの試験