クッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービスを使用しています

このウェブサイトではクッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービス(以下、「クッキー」)を使用しています。クッキーはウェブサイトの表示を技術的に可能にするばかりでなく、ウェブサイトをご利用者様の利用履歴をもとに(例えばSalesforce Pardotにより)改善し、ご利用者様の興味関心に合ったコンテンツ(例えばLinkedIn Insights、Google Ads)を提供するため、ご利用者様の同意を必要としております。さらに第三者プロバイダーのコンテンツ(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)も組み入れており、その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。「すべて承認」をクリックすることで、第三国へのデータ送信を含む必ずしも必須ではないクッキーの使用にも同意することになります。「拒否」をクリックすることで、必ずしも必須ではないクッキーの使用を拒否することになります。どのクッキーを個々の場合に使用承認するかを決めるには、「詳細」のところで選択を行います。 その他の情報、特にご利用者様の権利についての情報は、 「詳細」のところでご覧になるか、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください .

詳細

拒否

承認

以下で、このウェブサイト上で使用されるそれぞれのテクノロジーを有効/無効にできます。

すべてに同意する

必須クッキーのみ

必須クッキーは、ページナビゲーションや言語設定、クッキープリファレンス、ウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなどといった基本機能を使えるようにすることによって、ウェブサイトのそもそもの使用を可能にします。それ以外にもこのカテゴリーのクッキーは、ウェブサイトが法規制および安全基準に適合することを担保します。この意味から、ご利用者様は当サイト上における必須クッキーの使用を阻止することはできません。必須クッキーに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

機能クッキーとパーソナライズ

機能クッキーは、当ウェブサイトのご利用の際のご利用習慣に関する情報を収集し、ご利用者様の過去の閲覧や位置情報、ブラウザ設定に応じて当ウェブサイトの機能性とアトラクションを調整し、これにより、ご利用者様のユーザー体験の向上のたの参考にします。さらに、機能クッキーは当ウェブサイトに統合されている第三者プロバイダーのツール(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)へのアクセスも可能にします。その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。機能クッキーを承認しない場合は、当ウェブサイトの利用可能な機能が制限されることになります。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

分析クッキー

分析クッキーは、当ウェブサイトの利用を基に基本的な使用統計やユーザー統計の作成を目的としています。ご利用者様の同意には、分析クッキーの保存の他、その後のデータ処理への同意も含まれます。そのデータ処理にはSalesforce Pardotといった使用中のサービスを介してご利用者様のデータが米国へ送信されることも含まれています。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

マーケティングとソーシャルメディア

この種のクッキーは、第三者プロバイダーに情報収集を可能にします。収集される情報は、ご利用者様が当ウェブサイトのコンテンツをどのようにソーシャルメディアにシェアするかについてです。また、ご利用者様が異なるソーシャルメディアのプラットフォーム間を移動したり、弊社のソーシャルメディアキャンペーンと弊社独自のウェブサイトの間を移動したりする際に、その利用履歴に関する分析データもこの種のクッキーが提供します(例えばLinkedIn Insights)。その他、第三者プロバイダーのマーケティングクッキーは、他者のウェブサイト上での弊社の広告表示の効果を計測することに役立ちます(例えばGoogle Ads)。この種のクッキーの使用は、ご利用者様に当社のコンテンツの提供方法の最適化を目的としています。利用中の第三者プロバイダーやソーシャルメディアプラットフォームがご利用者様のデータを安全でない第三国である米国に送信する場合があります。ご利用者様の同意には、この種のクッキーの保存の他、上述のデータ送信も含むその後のデータ処理への同意も含まれます。使用されているツールおよび弊社のソーシャルメディアプレゼンスに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

その他の情報

設定を保存する

Efficient air pollution control for industrial laundry

Dürr replaces exhaust air purification system at MEWA’s Bottrop site

Bietigheim-Bissingen, 28.04.2021 – MEWA, one of Europe’s leading service provider for textiles, launders an enormous amount of reusable textiles every day, from work clothing for a wide range of industries to heavily soiled cleaning cloths for workshops and industrial settings. The vastly fluctuating solvent concentrations in the exhaust air, sometimes reaching high levels, represent a particular challenge. In order to purify these concentrations to an even greener standard than required by law at the Bottrop site, MEWA asked Dürr to replace the existing regenerative thermal oxidizer (RTO) and extend the exhaust air purification capacity. The only caveats were that operation had to continue and the project needed to be completed in an extremely tight timeline.

MEWA is a highly specialized company that offers work clothing and cleaning cloth rental services at 45 locations in 21 countries. It covers almost the entire value chain, including manufacturing, collection, delivery, laundry and care. Whereas a family of four produces around a metric ton of dirty laundry each year, every day MEWA receives 350 metric tons of textiles for industrial laundering and drying ahead of reuse.

Industrial cleaning cloths with different soiling levels
Every day 2.7 million users from industry and trade use MEWA cloths to clean machines, tools, and components, dirtying them with solvents, oils, and greases. These substances must first be removed from the cloths during the laundering process, and then removed from the waste water and the exhaust air. “Unlike a conventional production process in which the input materials and the amounts of each are known, here the contamination varies greatly depending on how soiled the cleaning cloths are,” explains Dietmar Decker, Manager Surface Treatment in Dürr’s Clean Technology Systems division. The volatile solvents that leak from the exhaust air produced by washing machines and dryers can therefore include a very high concentration of pollutants. For that reason, MEWA conducted its own risk analysis and implements very high safety standards in order to eliminate the risk of explosions.

State-of-the-art environmental technology
Just like waste water treatment, exhaust air treatment is also subject to statutory provisions. “Active environmental protection is part of our company philosophy. That is why we don’t just purify the exhaust air from the actual core sources of washing machines and dryers, but also diffuse sources and, in some cases, even the ambient air. We use state-of-the-art environmental technologies for this,” says Rudolf Asmuth, Managing Director Production & Logistics at MEWA’s Bottrop site. The first air pollution control system was installed by MEWA in Jena in 1994. It was followed by many others in Germany and Europe. The textile service provider has always relied on the expertise of Dürr or KBA-CleanAir, which was acquired by Dürr in 2016, as a system partner, including in Bottrop.

Spotlight on carbon footprint
As part of the modernization of the production facilities at the site in North Rhine-Westphalia, Dürr replaced the existing air pollution control system with a new regenerative thermal oxidizer. This new system boosts the capacity from 30,000 m3 of exhaust air per hour to 45,000 m3 per hour. “The Dürr Oxi.X RA RTO is particularly suitable for large quantities of solvent-laden exhaust air. It allows us to reliably reduce the harmful emissions entering the environment from the laundry to less than 20 mg/m3,” says Dietmar Decker. The MEWA Group’s experience with this sustainable technology over the last 25 years has been very positive, both operationally and in terms of overall costs. On top of this, the Oxi.X RA RTO is extremely efficient in its energy use. “The system is almost 80% autothermal. In other words, it operates exclusively using the energy from the oxidized organic substances with no additional primary energy. This is a big factor in our site’s good carbon footprint,” explains Rudolf Asmuth.

Good cooperation yields fast implementation
From a technical point of view, the only option was to install the new system in the old system’s place. Dürr managed everything, including dismantling and proper disposal of the old system, necessary alterations, installing the mechanical and electrical components for the new system, and handing over the operational system. At the same time, the production engineering used in the laundry was retrofitted. “Organizing the removal of the old machine and system components and the installation of the new ones using large cranes in the limited space was a planning and logistical masterstroke. Thanks to the efficient cooperation, we were able to get everything done well within the tight time window of six weeks, and complete the project successfully with a few days to spare,” reports Rudolf Asmuth happily.

Dürr air pollution control systems are used in a variety of industries and production facilities, with the broad product portfolio offering different technologies depending on the type, concentration and quantity of pollutants. Dürr examines its customers’ needs on a case-by-case basis, and also provides support services after installation. “The 25-year partnership with numerous installations and ongoing service work for the various systems at MEWA tells us all we need to know about the quality of our products and services,” affirms Dietmar Decker. “We look forward to helping MEWA make their air pollution control systems sustainable in the future also.”   

  • Laundry for workwear and cleaning cloths at MEWA's Bottrop site ©MEWA Textil-Service AG & Co. Management OHG

  • 45.000 m3/h of exhaust air are cleaned at MEWA's Bottrop site using a Dürr Oxi.X RA RTO system

  • Dürr Oxi.X RA RTO reduces harmful emissions entering the environment from the laundry to less than 20 mg/m3