当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

制御装置通信 – 通信こそがすべて

ABSまたはESPによる現在のブレーキシステムの充填または検査は、車両制御装置との通信を必要とします。

Dürrはドライ油圧ユニットによるブレーキシステムの充填に向けてシリアル通信を介する統合ABS制御を備えた初の充填設備を開発しました。当社は、診断アダプターvport OBSvport Cおよび付属するソフトウェアコンポーネントと共に当社の経験値を提供します。

当社のvport Cは様々なデザイン構造を持つ診断コネクタを備えているので、ECUへの直接的な適合が可能となります。

    制御装置による通信中の柔軟性

    当社のvport OBDは、工業的使用に向けた最も小さな無線インターフェイスモジュールの一つです。内蔵OBDIIコネクタを介して、車両内の診断インタフェイスに直接差し込むことでケーブル接続の面倒を無くし、オペレータの自由な動きを制限しません。

    製品

    • vport OBD
    • vport C