クッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービスを使用しています

このウェブサイトではクッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービス(以下、「クッキー」)を使用しています。クッキーはウェブサイトの表示を技術的に可能にするばかりでなく、ウェブサイトをご利用者様の利用履歴をもとに(例えばSalesforce Pardotにより)改善し、ご利用者様の興味関心に合ったコンテンツ(例えばLinkedIn Insights、Google Ads)を提供するため、ご利用者様の同意を必要としております。さらに第三者プロバイダーのコンテンツ(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)も組み入れており、その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。「すべて承認」をクリックすることで、第三国へのデータ送信を含む必ずしも必須ではないクッキーの使用にも同意することになります。「拒否」をクリックすることで、必ずしも必須ではないクッキーの使用を拒否することになります。どのクッキーを個々の場合に使用承認するかを決めるには、「詳細」のところで選択を行います。 その他の情報、特にご利用者様の権利についての情報は、 「詳細」のところでご覧になるか、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください .

詳細

拒否

承認

以下で、このウェブサイト上で使用されるそれぞれのテクノロジーを有効/無効にできます。

すべてに同意する

必須クッキーのみ

必須クッキーは、ページナビゲーションや言語設定、クッキープリファレンス、ウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなどといった基本機能を使えるようにすることによって、ウェブサイトのそもそもの使用を可能にします。それ以外にもこのカテゴリーのクッキーは、ウェブサイトが法規制および安全基準に適合することを担保します。この意味から、ご利用者様は当サイト上における必須クッキーの使用を阻止することはできません。必須クッキーに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

機能クッキーとパーソナライズ

機能クッキーは、当ウェブサイトのご利用の際のご利用習慣に関する情報を収集し、ご利用者様の過去の閲覧や位置情報、ブラウザ設定に応じて当ウェブサイトの機能性とアトラクションを調整し、これにより、ご利用者様のユーザー体験の向上のたの参考にします。さらに、機能クッキーは当ウェブサイトに統合されている第三者プロバイダーのツール(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)へのアクセスも可能にします。その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。機能クッキーを承認しない場合は、当ウェブサイトの利用可能な機能が制限されることになります。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

分析クッキー

分析クッキーは、当ウェブサイトの利用を基に基本的な使用統計やユーザー統計の作成を目的としています。ご利用者様の同意には、分析クッキーの保存の他、その後のデータ処理への同意も含まれます。そのデータ処理にはSalesforce Pardotといった使用中のサービスを介してご利用者様のデータが米国へ送信されることも含まれています。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

マーケティングとソーシャルメディア

この種のクッキーは、第三者プロバイダーに情報収集を可能にします。収集される情報は、ご利用者様が当ウェブサイトのコンテンツをどのようにソーシャルメディアにシェアするかについてです。また、ご利用者様が異なるソーシャルメディアのプラットフォーム間を移動したり、弊社のソーシャルメディアキャンペーンと弊社独自のウェブサイトの間を移動したりする際に、その利用履歴に関する分析データもこの種のクッキーが提供します(例えばLinkedIn Insights)。その他、第三者プロバイダーのマーケティングクッキーは、他者のウェブサイト上での弊社の広告表示の効果を計測することに役立ちます(例えばGoogle Ads)。この種のクッキーの使用は、ご利用者様に当社のコンテンツの提供方法の最適化を目的としています。利用中の第三者プロバイダーやソーシャルメディアプラットフォームがご利用者様のデータを安全でない第三国である米国に送信する場合があります。ご利用者様の同意には、この種のクッキーの保存の他、上述のデータ送信も含むその後のデータ処理への同意も含まれます。使用されているツールおよび弊社のソーシャルメディアプレゼンスに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

その他の情報

設定を保存する

13,000 th Dürr robot set for GM in Korea

New paint shop for General Motors

Bietigheim-Bissingen, 9 August 2019 – The 13,000 th robot manufactured by Dürr will be taking up residence in a new paint shop for General Motors in Changwon in Korea. This is the first installation of the new Dürr robot generation for GM. The robot equipment is part of Dürr’s biggest order to date in Korea.

The 13,000th robot manufactured by Dürr is an EcoRP E043i, and will be used to paint the interior of passenger cars at GM in Changwon. The celebration of this specific robot is special to Dürr for many reasons: it is the first time Dürr’s new generation three robot will be used at GM. GM relies on fully automated painting with the latest application technology. The equipment for the new paint shop, which Dürr was commissioned to build, includes a total of 78 third-generation robots. The total order is also the biggest order Dürr has received to date as a general contractor in Korea. GM will put the planned plant into operation in 2021, and paint the new Chevrolet Spark as well as compact SUVs there using the 3-wet method.

The EcoRP E043i and 033i painting robots will handle painting the interior and exterior of the car bodies in Changwon. Seven-axis robots with the latest EcoBell3 atomizer technology will paint the interiors of the vehicle bodies with extremely high precision and flexibility. Their enhanced mobility mean they can reach even difficult-to-access places effortlessly. The exteriors will be painted using six-axis robots. Dürr’s application technology, such as the EcoBell Cleaner D2 atomizer cleaner, stands for state-of-the-art processes with low VOC emissions. The interplay of the dosing pump, color changer, atomizer, and atomizer cleaner ensures fast and efficient color changes within just 15 seconds, thereby reducing paint loss and flushing agent consumption when changing color.

The solvents are removed from the exhaust air using an Ecopure® RTO regenerative thermal exhaust air purification system together with the Ecopure® CRC VOC concentrator from Dürr.

In the existing factory in Changwon, Dürr designed the plant to be over three levels with two painting lines for a total volume of 60 vehicles per hour. GM thought one step ahead when designing the plant by providing space for a later two-tone painting line.

The construction of the plant also represents Dürr’s biggest order in Korea. A decisive factor for GM was the geographical proximity. Dürr is implementing the project in close cooperation between the headquarters in Germany and the Korean subsidiary in Seoul. Having contact partners directly on site means that Dürr can provide efficient and highly qualified service locally.

“We’re proud that GM chose us for this important project. This shows the high customer benefit of the new features of the third-generation robots: top quality and availability with optimized costs,” explains Dr. Lars Friedrich, member of the Board of Management of Dürr Systems AG and responsible for the Application Technology Division.

  • The 13,000 th robot manufactured by Dürr will be painting the interior of vehicles at GM in Korea. With its seven-axis kinematics, it can reach even difficult-to-access places effortlessly.

  • Six-axis robot EcoRP L033i by Dürr in manufacturing.