クッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービスを使用しています

このウェブサイトではクッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービス(以下、「クッキー」)を使用しています。クッキーはウェブサイトの表示を技術的に可能にするばかりでなく、ウェブサイトをご利用者様の利用履歴をもとに(例えばSalesforce Pardotにより)改善し、ご利用者様の興味関心に合ったコンテンツ(例えばLinkedIn Insights、Google Ads)を提供するため、ご利用者様の同意を必要としております。さらに第三者プロバイダーのコンテンツ(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)も組み入れており、その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。「すべて承認」をクリックすることで、第三国へのデータ送信を含む必ずしも必須ではないクッキーの使用にも同意することになります。「拒否」をクリックすることで、必ずしも必須ではないクッキーの使用を拒否することになります。どのクッキーを個々の場合に使用承認するかを決めるには、「詳細」のところで選択を行います。 その他の情報、特にご利用者様の権利についての情報は、 「詳細」のところでご覧になるか、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください .

詳細

拒否

承認

以下で、このウェブサイト上で使用されるそれぞれのテクノロジーを有効/無効にできます。

すべてに同意する

必須クッキーのみ

必須クッキーは、ページナビゲーションや言語設定、クッキープリファレンス、ウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなどといった基本機能を使えるようにすることによって、ウェブサイトのそもそもの使用を可能にします。それ以外にもこのカテゴリーのクッキーは、ウェブサイトが法規制および安全基準に適合することを担保します。この意味から、ご利用者様は当サイト上における必須クッキーの使用を阻止することはできません。必須クッキーに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

機能クッキーとパーソナライズ

機能クッキーは、当ウェブサイトのご利用の際のご利用習慣に関する情報を収集し、ご利用者様の過去の閲覧や位置情報、ブラウザ設定に応じて当ウェブサイトの機能性とアトラクションを調整し、これにより、ご利用者様のユーザー体験の向上のたの参考にします。さらに、機能クッキーは当ウェブサイトに統合されている第三者プロバイダーのツール(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)へのアクセスも可能にします。その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。機能クッキーを承認しない場合は、当ウェブサイトの利用可能な機能が制限されることになります。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

分析クッキー

分析クッキーは、当ウェブサイトの利用を基に基本的な使用統計やユーザー統計の作成を目的としています。ご利用者様の同意には、分析クッキーの保存の他、その後のデータ処理への同意も含まれます。そのデータ処理にはSalesforce Pardotといった使用中のサービスを介してご利用者様のデータが米国へ送信されることも含まれています。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

マーケティングとソーシャルメディア

この種のクッキーは、第三者プロバイダーに情報収集を可能にします。収集される情報は、ご利用者様が当ウェブサイトのコンテンツをどのようにソーシャルメディアにシェアするかについてです。また、ご利用者様が異なるソーシャルメディアのプラットフォーム間を移動したり、弊社のソーシャルメディアキャンペーンと弊社独自のウェブサイトの間を移動したりする際に、その利用履歴に関する分析データもこの種のクッキーが提供します(例えばLinkedIn Insights)。その他、第三者プロバイダーのマーケティングクッキーは、他者のウェブサイト上での弊社の広告表示の効果を計測することに役立ちます(例えばGoogle Ads)。この種のクッキーの使用は、ご利用者様に当社のコンテンツの提供方法の最適化を目的としています。利用中の第三者プロバイダーやソーシャルメディアプラットフォームがご利用者様のデータを安全でない第三国である米国に送信する場合があります。ご利用者様の同意には、この種のクッキーの保存の他、上述のデータ送信も含むその後のデータ処理への同意も含まれます。使用されているツールおよび弊社のソーシャルメディアプレゼンスに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

その他の情報

設定を保存する

Dürr reduces hazardous air pollutants in the shipbuilding industry

Exhaust air purification for ship painting

Seoul, South Korea, October 2, 2019 – Dürr’s adsorber system Ecopure® CRC in combination with a Regenerative Thermal Oxidizer (RTO) is a new solution for controlling hazardous air pollutants (HAPs) in the shipbuilding industry. One of the world’s leading shipbuilding companies based in South Korea significantly reduced HAPs released by their painting facility by using Dürr´s Ecopure® RTO system with a zeolite disc concentrator. This is a pioneering device that uses a single cohesive system to purify harmful substances. At KORMARINE 2019 in Busan, South Korea, Dürr shows its extensive portfolio to support shipbuilding companies in meeting new environmental regulations regarding exhaust air purification.

Compliance with new regulation

Since the beginning of 2018, a new environmental regulation in South Korea has been mandating shipbuilding companies to treat the exhaust air from paint shops. According to the new rule, 20% of the total paint shop exhausts air flowrate need to be treated in 2019, and by 2022 the target is to combat a full 100%. The installation of the HAPs treatment facility at the shipbuilding company’s painting facility in South Gyeongsang Province took eight months and was successfully completed in December 2018. With the Dürr Ecopure® CRC and RTO system, the shipbuilding giant is now able to reduce its HAPs to a concentration of below 100 ppm. This is a decrease of more than 90% of the HAP emissions and is in compliance with the country’s domestic Clean Air Conservation Act.

Energy saver

The anti-pollution control system consists of a filtering system for particulate removal, a disc concentrator system for selectively adsorbing and concentrating volatile organic compounds (VOCs), as well as a RTO combustion system that treats the small volume flow of concentrated HAPs. The RTO system provides an energy-saving technology that reduces energy consumption by 95% or more by utilizing recovering heat from a ceramic media mounted inside the RTO. In addition, the consumption of primary energy can be drastically reduced if the calorific value and concentration of the VOCs and HAPs is sufficiently high. The volume flow is 5400 ACMM and the whole building needs ventilation.

Impactful for other industries

The installation of the integrated system is a first of its kind to be built and operated in South Korea’s shipbuilding industry. The innovative new system uses a single consistent unit while others use two or more to treat the pollutants. The costs for the product are comparable with other solutions. The Ecopure® RTO system will favorably impact the shipbuilding industry along with other industries in need of clearing painting booth pollutants like VOCs and HAPs. The shipbuilding giant opted for Dürr appliances due to the group’s market credibility and legacy of similar air purification products. Two further installations for shipbuilding companies in Korea have already been ordered from Dürr in the second and third quarters of 2019. Besides Korea, this abatement system is already enjoying a successful run in China and Dürr will offer its applications to other shipbuilding companies internationally.

Dürr will showcase its complete portfolio in exhaust air purification for the shipbuilding industry as well as the company’s products in paint application at KORMARINE 2019 in Busan, South Korea, from October 22 to 25 at booth number 4Q17.

  • Exemplary installation of an Ecopure® RTO plant (type RL), used for controlling hazardous air pollutants

  • Process diagram of disc concentrator scheme with different options for thermal after-treatment