クッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービスを使用しています

このウェブサイトではクッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービス(以下、「クッキー」)を使用しています。クッキーはウェブサイトの表示を技術的に可能にするばかりでなく、ウェブサイトをご利用者様の利用履歴をもとに(例えばSalesforce Pardotにより)改善し、ご利用者様の興味関心に合ったコンテンツ(例えばLinkedIn Insights、Google Ads)を提供するため、ご利用者様の同意を必要としております。さらに第三者プロバイダーのコンテンツ(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)も組み入れており、その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。「すべて承認」をクリックすることで、第三国へのデータ送信を含む必ずしも必須ではないクッキーの使用にも同意することになります。「拒否」をクリックすることで、必ずしも必須ではないクッキーの使用を拒否することになります。どのクッキーを個々の場合に使用承認するかを決めるには、「詳細」のところで選択を行います。 その他の情報、特にご利用者様の権利についての情報は、 「詳細」のところでご覧になるか、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください .

詳細

拒否

承認

以下で、このウェブサイト上で使用されるそれぞれのテクノロジーを有効/無効にできます。

すべてに同意する

必須クッキーのみ

必須クッキーは、ページナビゲーションや言語設定、クッキープリファレンス、ウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなどといった基本機能を使えるようにすることによって、ウェブサイトのそもそもの使用を可能にします。それ以外にもこのカテゴリーのクッキーは、ウェブサイトが法規制および安全基準に適合することを担保します。この意味から、ご利用者様は当サイト上における必須クッキーの使用を阻止することはできません。必須クッキーに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

機能クッキーとパーソナライズ

機能クッキーは、当ウェブサイトのご利用の際のご利用習慣に関する情報を収集し、ご利用者様の過去の閲覧や位置情報、ブラウザ設定に応じて当ウェブサイトの機能性とアトラクションを調整し、これにより、ご利用者様のユーザー体験の向上のたの参考にします。さらに、機能クッキーは当ウェブサイトに統合されている第三者プロバイダーのツール(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)へのアクセスも可能にします。その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。機能クッキーを承認しない場合は、当ウェブサイトの利用可能な機能が制限されることになります。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

分析クッキー

分析クッキーは、当ウェブサイトの利用を基に基本的な使用統計やユーザー統計の作成を目的としています。ご利用者様の同意には、分析クッキーの保存の他、その後のデータ処理への同意も含まれます。そのデータ処理にはSalesforce Pardotといった使用中のサービスを介してご利用者様のデータが米国へ送信されることも含まれています。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

マーケティングとソーシャルメディア

この種のクッキーは、第三者プロバイダーに情報収集を可能にします。収集される情報は、ご利用者様が当ウェブサイトのコンテンツをどのようにソーシャルメディアにシェアするかについてです。また、ご利用者様が異なるソーシャルメディアのプラットフォーム間を移動したり、弊社のソーシャルメディアキャンペーンと弊社独自のウェブサイトの間を移動したりする際に、その利用履歴に関する分析データもこの種のクッキーが提供します(例えばLinkedIn Insights)。その他、第三者プロバイダーのマーケティングクッキーは、他者のウェブサイト上での弊社の広告表示の効果を計測することに役立ちます(例えばGoogle Ads)。この種のクッキーの使用は、ご利用者様に当社のコンテンツの提供方法の最適化を目的としています。利用中の第三者プロバイダーやソーシャルメディアプラットフォームがご利用者様のデータを安全でない第三国である米国に送信する場合があります。ご利用者様の同意には、この種のクッキーの保存の他、上述のデータ送信も含むその後のデータ処理への同意も含まれます。使用されているツールおよび弊社のソーシャルメディアプレゼンスに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

その他の情報

設定を保存する

Paint shop of the future: away from the line, towards the box

Dürr revolutionizing manufacturing layout for paint shops

Bietigheim-Bissingen, 16 January 2020 – Growing model diversity, different drive technologies, and greater personalization are pushing conventional line manufacturing to its limits in the automotive industry. Whether major high-volume manufacturers or small e-car startups, manufacturing has to make the switch from rigid to flexible to be able to respond more quickly to customer and market requirements. Dürr’s new “Paint shop of the future” concept breaks away from the traditional line layout, splitting up industrial automotive painting into boxes or short process sections for the first time. This allows the automotive industry a new level of flexibility in their processes and investments. In addition, the "paint shop of the future" saves time and material, increases availability and makes painting more sustainable.

Model ranges and application processes are becoming more diverse. This greater variety of models painted on a line inherently leads to process inefficiencies. This is due to the fixed cycle times, which are typically based on the biggest model and the longest paint and sealer application times. If smaller or less complex car bodies could be transported faster and sealer and paint application times reduced, this would save time and increase output. However, the fixed cycle does not allow this. This was one of the many reasons that prompted Dürr to have a rethink and develop a radical new layout for future requirements.

“With the “Paint shop of the future”, Dürr is reimagining the painting process and moving beyond the boundaries of the production line,” explains Bruno Welsch, member of the Board of Management of Dürr Systems AG. “The new approach adapts to the needs of manufacturers, and enables an efficient and flexible painting process in every production scenario.”

On-demand cycle times

The general idea of the “Paint shop of the future” is based on splitting up the 120 work steps involved in a painting process into boxes and smaller sections. Instead of a fixed cycle, the process times in each box are precisely adapted to the needs of the individual body. This is made possible by processes running in parallel in the boxes and the interaction with a central high-bay storage system and the automated guided vehicle system EcoProFleet. The fleet of AGVs is controlled by the software DXQcontrol. It guides the AGVs with the car bodies intelligently to the next processes, and in this way ensures efficient utilization of all the boxes. It enables the bodies to be sorted in anticipation of future processes, brought to and collected from the right workstation with pinpoint accuracy, and passed off to final assembly at the end in the sequence planned by the manufacturer. The concept also enables easy expansion of capacities or smooth integration of new models. The revolutionary box concept can be applied to the entire top coat and workstation area, or just to selected process steps.

Fewer resources, greater efficiency

In terms of the concrete implementation, the box concept means that three painting processes – the inner and the two outer applications – can be combined in just one booth. This patent-pending concept, the EcoProBooth, thus helps to save process time, since two of the previously usual three conveying processes are eliminated. The paint-loss during the color change process can be reduced by up to ten percent if just one paint is applied in a box, for instance the current top seller white. Splitting up the painting process into boxes shortens the overall process by tailoring the application time to the individual vehicle. These properties combine to reduce CO2 and VOC emissions.

The overall equipment availability also increases, since any malfunction only has an impact on the box section in question and does affect the entire production line, in contrast to the classic line manufacturing model. The variable layout also makes integrating special processes such as a special paint supply or overspray-free two-tone painting easier and more cost efficient.

Adaptable to both large and small production

The concept of the “Paint shop of the future” is geared towards the specific requirements of various OEMs. It offers major high-volume manufacturers with a high hourly capacity the opportunity to integrate new models and technologies with greater ease. It enables companies that want to limit initial investment to expand from 24 units per hour to 48 and 72 units in two steps. Newcomers to electric mobility can start their manufacturing with minimal quantities and gradually expand as demand increases. The modular concept is also Industry 4.0 capable and can be combined with the intelligent software products from Dürr’s DXQ family for various scenarios. In this way, Dürr analysis tools make painting processes more transparent and help to further increase the first run rate.