分散型発電

エネルギーの世界は変革の時を迎えています。高効率で小規模の分散型発電機が、大規模な化石燃料型発電所に置き換わろうとしています。再生可能、ハイブリッド、また化石燃料発電所のミックスが未来の電気需要を満たすようになるでしょう。特に、天然ガス、石炭、軽油、石油などの化石燃料プラントにおいては、総合効率の向上とコージェネレーション(熱電併給)へのフォーカスが必須となります。
発展途上国では、公共電気網が安定しないことも多く、現地で分散型小規模発電所がエンドユーザーに向けて発電しています。これら分散型発電所への燃料輸送によって、発電は非常に高価なものになります。そのため、経済的な供給を確かなものとするために発電には非常に高いレベルの効率が要求されています。

Dürrは分散型エネルギーの生産に効果的なキー・テクノロジーを提供しています。

Dürr Cyplan® ORC技術は、熱を電気に変換し新規および既存の分散型発電所の効率向上を可能にします。化石燃料で動くユニットの電気効率は最大30%向上できます。同様に、バイオマスや地熱資源などによる小規模および中規模の熱源などによる経済的な発電でもCyplan® ORC技術により可能です。Dürr Cyplan® ORCへの投資は短期間で償却されるでしょう。

ORC技術

DürrのCyplan® ORC(有機ランキンサイクル)技術は熱エネルギーを発電に活用する熱循環プロセスを基礎とします。Cyplan® ORC(有機ランキンサイクル)は分散型熱源による発電のためのキーテクノロジーです。その効率と柔軟性により、ORC技術で90~600 ℃の未使用の熱エネルギーを利益をもたらす形で活用できます。

DürrのORC技術によるお客様の利点は:

  • 廃熱によるCO2フリー発電
  • エネルギー効率の向上
  • 資源の保護
  • 自己生成エネルギーによる独立性の拡大

当社のCyplan® ORCの応用範囲は幅広く拡大しています。地熱エネルギー、工業、太陽熱エネルギー、さらにはモーター/コジェネ、バイオマスや廃棄物の燃焼、そしてガスタービンと、Cyplan® ORCソリューションの膨大なメリットを得ることができます。こうした応用の領域では大量の未使用熱が発生するため、ORC設備により有意義に活用、発電することが可能です。