当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

  • Cyplan® ORC 500kW
  • Cyplan® ORC in Lahendong, Indonesia

過去の事例

DURRのORCをもっと詳しく知って頂くため弊社の技術を詳細に示します。

コーンヴェストハイム、ドイツ (Kornwestheim, Germany)

一目でわかる事実

  • 顧客先: KWA Bioenergie GmbH & Co. Kraftwerk Römerhügel KG
  • 応用:バイオガス
  • 設備の型番: Cyplan® ORC 70 HT CHP
  • 熱源:Jenbacher jms 312(526 kW)
  • 熱抽出:90°Cのお湯(残留熱ネットワーク)
  • 場所:コーンヴェストハイム、ドイツ (Location: Kornwestheim, Germany)
  • 設備説明:エンジン排気ガス
  • 現状:2013年から稼働

目的は何でしょうか?

顧客は、バイオガス焚きの熱電併給プラント(CHP)で発電と発熱をします。発生した熱は地域暖房ネットワーク経由し、バイオガス工場、学校、産業プラントに提供されます。電力出力を上げるため、CHPの煙道ガスの熱エネルギーを部分的に電力に変換するORCシステムを設置する必要があります。課題は、既存の熱の概念を維持しながら、ORCシステムを統合することでした。

DURRからの提案

このプロジェクトにはCyplan®ORC70 HT CHPを適切なORCモジュールとして採用しました。この設備は約275kWthの能力です。 95°Cまでの柔軟な熱抽出は弊社の熱マネージメントのコンセプトに当てはまります。このコンパクトなモジュールは非常に省スペースである事がもう一つの利点です。
このプロジェクトと主要なイノベーションはドイツのバーデンヴュルテンベルク州の環境技術賞に輝きました。

Cyplan ORC技術が選定された理由

このケースではCyplan®ORCシステムの利点は作動流体が熱交換器で直接煙道ガスから(関連ループ通さないで)熱を奪い蒸発する事が大きな革新です。 ORCシステムでこのシンプルな統合によってロスを最小限に抑えられるため最高の効率を実現します。摩耗部品の数が少ないため、ユーザー様のメンテナンスコストは最小限になり、プロジェクト全体のコスト・パーフォーマンスに繋がります。これが最高の収益率の基礎になります。さらに、当社のシステムは最大 90°Cで熱抽出し、排気ガスから発電する熱交換器と同様です。
例外なくこのパフォーマンスクラス(有機ランキン・サイクル(Organic Rankine Cycle))市場では追随は有りません。

インドネシア、ラヘンドン (Lahendong, Indonesia)

一目でわかる事実

  • 顧客先: deutsches GeoForschungsZentrum
  • 応用:地熱発電
  • 設備の型番: Cyplan® ORC 500 LT
  • 熱源:お湯の中間ループ
  • 熱抽出:ドライ・クーラー
  • 場所:インドネシア、ラヘンドン (Location: Lahendong, Indonesia)
  • 設備説明:お湯
  • 現状:2017年から稼働

目的は何でしょうか?

このプロジェクトの基盤は地熱蒸気タービンです。温泉水は地熱井から地表に汲み上げられます。セパレーターを使用し水は蒸気から分離されます。蒸気はタービンで発電に使用されます。地熱供給ポテンシャルを高めるためには、残りの温泉水の熱エネルギーを電力に変換する必要があります。
ここでの課題は既存の上流発電プロセスを維持しながら、ORCプラントを統合することでした。さらに、ORCモジュールには、ローカル環境条件を満たし、ネットワークの変動を処理できる必要があります。

DURRからの提案

このプロジェクトではCyplan®ORC500 LTが設置されました。これにより地熱発電の運用に影響を与えることなく、利益なしで処分されていた温水を電力に変換します。

Cyplan ORC技術が選定された理由

工場のコンポーネント全ての堅牢で頑丈な設計と作りにより、困難な状況と環境でも長寿命です。 使用する媒体は周囲の状況とプロジェクトの条件に応じて個別に選定されます。 これにより高い電力効率が達成され、プロセス全体の効率が大幅に向上します。 摩耗部品の数が少ないためメンテナンスを最小限で良いコスト・パーフォーマンスがお客様に保証されます。 これは最高の収益性に繋がります。

グロス・ゲラウ、ドイツ (Groß-Gerau, Germany)

一目でわかる事実

  • 顧客先: Stadtwerke Groß-Gerau Versorgungs GmbH
  • 応用:バイオガス
  • 設備の型番: Cyplan® ORC 70 HT CHP
  • 現状:2012年から稼働
  • 熱源: MWM TCG 2016 V16C (800kW)
  • 熱抽出:90°Cのお湯(ハーブ乾燥施設)
  • 場所:グロス・ゲラウ、ドイツ (Location: Groß-Gerau, Germany)
  • 設備の説明:エンジンの排気ガス

目的は何でしょうか?

顧客はバイオガス焚きの併給プラント(Combined Heat & Power plant, CHP)で発電と発熱します。 このCHPはバイオガス工場で必要とする熱より多く発熱します。 ORCシステムの設置により、工場の暖房のコンセプトを根本的に変えたかった。 ORCシステムを設置することにより効率が大幅に向上し、ORCシステムの廃熱が隣接するハーブ乾燥工場に90°Cの温度レベルで熱を供給します。
このプロジェクトの課題は最初の商用CyplanCHPコンセプトを統合することでした。
このイノベーションはバーデンヴュルテンベルク州の環境技術賞を受賞しました。

DURRからの提案

このプロジェクトにはCyplan®ORC70 HT CHPを適切なORCモジュールとして採用しました。この設備は約275kWthの能力です。 95°Cまでの柔軟な熱抽出は弊社の熱マネージメントのコンセプトに当てはまります。このコンパクトなモジュールは非常に省スペースである事がもう一つの利点です。このプロジェクトと主要なイノベーションはドイツのバーデンヴュルテンベルク州の環境技術賞に輝きました。

Cyplan ORCが選定された理由

このケースではCyplan®ORCシステムの利点は作動流体が熱交換器で直接煙道ガスから(関連ループ通さないで)熱を奪い蒸発する事が大きな革新です。 ORCシステムでこのシンプルな統合によってロスを最小限に抑えられるため最高の効率を実現します。摩耗部品の数が少ないため、ユーザー様のメンテナンスコストは最小限になり、プロジェクト全体のコスト・パーフォーマンスに繋がります。これが最高の収益率の基礎になります。さらに、当社のシステムは最大 90°Cで熱抽出し、排気ガスから発電する熱交換器と同様です。例外なくこのパフォーマンスクラス(有機ランキン・サイクル(Organic Rankine Cycle))市場では追随は有りません。