当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

Oxi.X – 熱処理工程

Dürr では、お客様の要件に適合するように特別設計された幅広い熱処理式大気汚染制御システムを用意しています。熱処理工程は分離原則に従って、排気ガスから汚染物質を除去するのに燃焼を利用します。再利用や回収のために汚染物質を捕集できない場合は、VOC (揮発性有機化合物) を分解する必要があります。この工程では、規定温度下で排気ガス中の汚染物質が無害な物質に変換されて、大気が浄化されます。

熱処理工程 – 原理

熱酸化処理法を利用するための唯一の条件は、汚染物質が可燃性であることです。処理する大気に含まれる汚染物質の形態は、噴霧、蒸気、気体のいずれでもかまいません。

大気と 1 種類または複数種類の可燃性汚染物質の混合物にエネルギーを加えて変換します。燃焼工程が進むと排気ガスが加熱されて高温となり、その結果、含有炭化水素が酸素と結合して、蒸気と二酸化炭素が生成されます。

このタイプの大気汚染制御システムには多機種が用意されており、幅広い用途に対応していることから、多くのお客様にご利用いただいています。Dürr の熱酸化装置は少量から大量まであらゆる量の気流向けに設計されており、高熱と高い破壊効率で VOC を低減します。構造的には、設計が特別にコンパクトである上、自熱モード運転が可能であるため、排気ガスの浄化に外部エネルギーの供給を必要としません。ほぼすべての産業部門で、汚染物質の焼却に熱処理工程を利用するシステムが採用されています。

熱処理工程-システムの種類

熱処理システムは、利用する予熱法に応じて復熱式と再生式のいずれかに分類されます。

  • Oxi.X TR – 復熱式熱酸化装置
    復熱式大気汚染制御システム (Oxi.X TR) は、排気中の有機汚染物質が高濃度である場合に特に適しています。この種のシステムに見られる唯一のデメリットは、一次エネルギーの消費量が比較的高いことで、特に排気流量中の汚染物質濃度が低いときに顕著です。そのため、Oxi.X TR システムの操作者は、常に下流のエネルギー回収ユニットを利用して費用対効果を向上させることになります。
  • Oxi.X DF – 直接燃焼式オキシダイザ
    直接燃焼式熱酸化装置 Oxi.X DF は、爆発性、有毒性、 発がん性の汚染物質など危険物質の燃焼に理想的な特殊熱処理システムです。
  • Oxi.X 再生式熱酸化装置
    再生式熱酸化システム (RTO) である Oxi.X は、 この問題の影響を受けません。再生方式によって、燃焼エネルギーが流入する排気を予熱します。そのためシステムが自熱モードで運転されるので、外部エネルギーをバーナーに利用する必要がありません。
  • Oxi.X バーナー技術
    当社はプラント一式だけではなく、既存システムに後付けできる追加装置も提供しています。Oxi.X バーナー技術は、大気汚染制御システムに追加設置するのに理想的です。