当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

Dürr's Paint robot EcoRP for automotive industry
Dürr paint robot automotive industry.
Dürr's Paint Robots offer modular design and capacity to spare
Dürr's Paint Robots offer modular design and capacity to spare

塗装ロボット – モジュール構造、高い予備動力量。

Dürr塗装ロボットの第三世代はモジュール式の構造です。コンセプトは一貫して6軸および7軸キネマティックで実現されました。

ロボットのバリエーション間の違いはメインアームの追加回転軸のみとなります。それ以外は一貫して同一の構造部品であるため、スペアパーツ管理とメンテナンス作業が簡素化され、保管経費も削減されます。

クイック・ストッパーがカバーの取り外しを容易にし、内蔵の空圧・制御や高圧コンポーネントの交換のための効果的なアクセスを提供します。カラーチェンジャーと定量ポンプはロボットのフロントアームに取り付けられているため、素早い色交換を可能にし、色の損失や洗剤消費量を少なく抑えます。

EcoRP E043i – 7軸キネマティックによる柔軟性の増大

Dürrの第3世代ロボットEcoRP E043iは、数多くの革新的な機能を搭載しています。7番目の軸は塗装ロボットのキネマティックに直接連結されており、可動性が広がり作業領域が拡大します。これはロボットが車体のアクセスの難しいエリアにも問題なく到達することを可能にします。高い柔軟性により、この7軸ロボットの多くのアプリケーションでレールが不要になります。これにより塗装ブースを縮小でき、レールの投資コストとメンテナンスコストが不要となります。

6軸塗装ロボット – すべてのアプリケーションに対して柔軟

上でも下でも、斜めに吊られていても直立でも、固定でも移動でも:Dürrの6軸塗装ロボットは、塗装のタスクによって上または下に
敷かれたEcoRail X移動軸(EcoRP E/L133i)に取り付けられ、またレールなしの固定によって(EcoRP E/L033i)塗装ブースに設置されます。  モジュール構造により、6軸キネマティック搭載モデルは塗装にもフードを開くためにも、両方に使用されます。さらに、ロボットはフレーム処理、アンダーボディの保護、または層厚測定などのタスクに使用が可能です。

Scaraドアオープナー – 塗装工程の完璧な助っ人

ScaraロボットEcoRP L030i/130iは、大きい垂直ストロークのドアオープナーとして作動します。Scaraロボットは、コンパクトでフローが最適化された構造を持ち、塗装ブース内での設置に理想的なデザインです。Scaraドアオープナーは、スタンドアロン(EcoRP L030i)で固定させるか、またはコンパクトな、様々な高さに合わせて内部に設置されたレール(EcoRail S)の上で可動(EcoRP L130i)する設計が可能です。新開発のツール洗浄器EcoTool Cleanerは世界で唯一無二のものです。オープニング・ツールは空圧式旋回軸により洗浄器内に移動します。

スイングアームロボット - 商用車塗装における並外れたリーチ

スイングアームロボット EcoRP S053i 及び EcoRP S153i は主に商用車塗装用として設計されています。特に積載部の内板塗装およびリヤドアの外板塗装。この非常に稼働域の高いスイングアームにより、ロボットは簡単に積載部へ侵入が可能で、アクセスし辛い内販エリアにも簡単に届きます。非常に安定したメカニカルデザインを持つロボットアームは5m伸びながらボディの中へ入ります。塗装終了後には次のボディ塗装スペースを考慮し、折り畳みながら狭いスペースへと戻ります。この全自動ステーションは小型、大型商用車のボディ生産において最適なアクセス性を実現させ、ライントラッキングおよびストップ&ゴー生産の両方に適しています。