当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

EcoProBooth – すべての塗装作業に対応する一つのスプレーブース

新しいDürrのスプレーブースは、内板塗装、外板塗装、ベースコート、クリアコートのいずれの用途であってもすべての塗装作業を統合されたプラントおよび塗装技術システムです。 EcoProBoothは、考え抜かれた空気再利用システムとメンテナンスへの新しいアプローチによりエネルギー消費と効率の面で新しい基準を設定します。 この標準化されたボックスは、スプレーブースの並列ボックス構成のおかげで、コンパクトカーからSUVまであらゆるタイプの車両を塗装するための最大の柔軟性を提供します。

内板外板装塗装を効率的に組み合わせる

内板塗装ロボットと外板塗装ロボット両方が、EcoProBoothの専用レールに設置されているため、すべての塗装作業を1つのボックスで実行できます。 これにより、1つのスプレーブースから他ののスプレーブースにボディを運搬するためも時間を省くことができます。 タスクは分散されているため、生産を中断することなく、作業していないロボットを清掃またはメンテナンスする事ができます。 ロボットは清掃やメンテナンス作業のためにスプレーブースの各コーナーに統合されているサービスキュービクルに移動できます。 これらのキュービクルには常に新鮮な空気が流れているため、従業員は呼吸器なしでいつでもアクセスできます。 生産を停止せずに多くのサービスタスクを実行できるためスプレーブースの稼働率が大幅に向上します。

最大のエアー再利用に寄る最小のエネルギー消費

EcoProBoothは、空気の再利用を最大化しフレッシュエアーを5%に抑えて、エネルギー消費とCO2排出を最小化します。 空気はEcoDryScrubberドライペイントオーバースプレー分離システムで塗料ミストを取り除いた後、スプレーブースに直接割り当てられた対流ヒーターボックスによって空気が効率的かつ安価に再調整されます。

すべてのシナリオに対応する柔軟なボックス設計

DürrのEcoProBoothはコンパクトカーから中型のSUVまですべてを含むモデルミックスに対応し1時間あたり12ユニットの量産能力を実現できます。 サイズと構造を標準化することで、スプレーブースをあらゆる生産シナリオに適合させることができます

DURRのペイントボックスは、従来の固定サイクルタイムの線形レイアウトで使用する代わりに「未来のペイントショップ」(リンク)などの並行制作レイアウトに転用できます。 この柔軟性により塗装プロセスをその時量産する車両モデルに合わせて調整し、必要に応じてスケーリングおよびアップグレードも可能。 プライマー塗装とプライマーレス塗装の組み合わせ、マルチコートペイントの塗装、または着色クリア仕上げも柔軟に実行できます。 ラインをより短いセグメントに分割する事でさらに塗装順序をよりインテリジェントな分散が可能になり、色の交換を最小限に抑え、塗料と洗浄液の消費量を削減する事ができます。

新しいモデル、革新的な塗装、プロセスの変更など、EcoProBoothはすべてのシナリオで最大の柔軟性を約束します。

利点

  • 標準化されたスプレーブース設備により最大の柔軟性と簡単にスケーリングと変換が可能
  • 生産を中断することなく、サービスキュービクルの迅速なメンテナンスによる高い可用性
  • 製造日に塗装エリアにオペレーターが入る必要有りません
  • 最大のエアー再利用に寄るエネルギーの節約
  • アイテム毎に最短な塗装タイムに寄る効率化
  • モジュール式の「未来の塗装工場」の生産レイアウトでにより理想的なリソース利用